2018 全日本選手権 

画像


5月5.6日の二日間、浜松の可美体育館にて2018年「第7回全日本フリースタイルスケート選手権大会」が行われました。
各地でブロック大会を経ての今大会。
各地から精鋭が集いました。

今回私は本選出場はせずに、スタッフとしてお手伝いに回りました。
画像
画像

5日の朝に浜松に到着してから午前中は準備。午後からペアクラッシック、バトルのプログラムがあり、私は競技進行(競技のMCですね)を行いましたよ。

本部の机の上にはメダルと総合優勝者に贈呈されるトロフィーが。。
画像

画像

画像

トロフィーには毎年の総合優勝者の名前が連なってます。今年は誰の手に渡るのか・・・。

ペアクラッシックは毎度の事ながら若手のペアが頑張る中、今年はおや・・・?いつもと違った雰囲気の二人がペアで滑ってましたよ。
片方の方は社会人なので休みを工面してこの一年間、もう一人のお住まいの地域へ通い、特訓をしてきたということです。この一年の集大成、ご本人たちは満足のいかない滑りだったご様子ですが、十分みんなを楽しませてくれましたよ。

MCゆえの写真撮影が一つも出来ていないという・・
ペアは見栄えもする&時間も長いので見る側からすると楽しいプログラムですが、やる側からしてみれば長いのでいかに飽きさせず、そして体力消耗も激しい中滑りきるか・・。見ごたえもあるしやりごたえも十分あるプログラムだと思います。私もペアやってみたかったな(←過去形。技術体力共にもうムリ)

バトルは今般初めて出てきたプログラムです。30秒の中でいかに難しいトリックを長く決めることそしてバリエーションに富んだ技を繰り広げられるか、が勝負のカギです。
シニア女子は大混戦!手に汗握る勝負でした。

画像

そしてこの日はタイミングが良いのか?浜松まつりも行われていて道路は大渋滞!街中もものすごい人で溢れていました。食事をしにいくのに人ごみかき分けかき分け・・の合間に御殿屋台と呼ばれるものをパチリ。
ラッパが野球の応援みたいで大変盛り上がってました。

次の日、街中にゴミが落ちていない事にも驚かされました。
詳しい浜松まつりについてはネットで検索してみて~。

そして全日本選手権二日目。
この日は午前からスピードスラローム、午後からクラッシックスラロームのプログラムでした。

今回のクラッシックスラロームのジュニアクラスのエントリーがとっても多かった!嬉しい!

スピードスラロームは予選を経て、本選はデュアルで行われました。
画像

2戦先勝なので力の差が僅差の場合はもつれるんですよねえ・・。二人とも記録なしを量産しちゃう場合が多いので。
ということでスピードスラロームもなかなかの勝負で見ごたえ十分でした!

そしてお昼の間にレイアウトをみんなで力を合わせて変更してクラッシックの会場設営!
15分の休憩の間にお昼ご飯を食べて午後に挑みます!MCですけど・・w

私はクラッシックMCがメインかな~と思っていたので張り切ってMCさせてもらいましたよ~。

ジュニアクラスは男子、女子とも関東からの新鋭がずらり登場。名古屋からも初出場の新鋭!いやいやなかなかこれは混戦が予想されます。。ジュニアと言えどもマジでみんな凄いからね。さすが全日本選手権の本選です!
でもこれだけの出場者が増えたのもみんな先輩たちのお蔭ですよね!各地本当に努力をしてくれてジュニアを育てて来てくれています。中学生に進むと辞めちゃう子も多いのですがそれでも続けていてくれる子がいるので後にどんどん続いていってくれているんだろうなと感じました。
もちろんそれを支えてくれている親御さんの力は本当に大きい!まだまだマイナースポーツですがそれでも応援してくれて、支えてくれて、会場まで連れてきてくださる・・。
私の子がやっていたころに比べたら格段にその土壌は出来つつあるんだな、とスポーツとして確立されてきた感がとても感じられました。

そしてジュニア終了後は男女のシニアに移ります。
シニアは日本の学年で言うと高校2年生から。また一味違った雰囲気になる中、最近はジュニアから上がってきた子達が増えてきたのでこちらもまた見ごたえ十分!ま・さ・に!大人の戦いですよ!

そんな中本当の大人も頑張ってましたよ!ジュニアに比べると大人から始めた人はやはり練習時間の確保が難しいのでここまで来る方もまだまだ少ない。ジュニアから上がってきた子達も勉強や受験に追われて子供の頃と環境が変わってきてしまう。
みんなそんな葛藤の中、怪我にも悩まされながら続けて行ってます。
私も昨年の本選に出ていましたのでその日までに自分の体調管理、スケジュールの都合をつけるのがいかに大変か、が解るのでそんな思いを胸にMCをさせて頂きましたよ。(その割に軽いMCだったかもしれませんけど!)

MCゆえ本当に写真が無いんです・・

みんな本当に素晴らしい滑りをしていました。シニアクラスになると一輪は「出来て当然」だし、その他いろいろな技をめまぐるしく繰り広げていくので私、出なくて良かったと心から思ったよw


画像


プログラムが一時間ぐらい押してしまったのですが、私のMCから総合司会の方へマイクはバトンタッチ。
表彰式へと入りました。名古屋インラインスケート協会がこの日の為に作ってくれた折り畳み式の表彰台が大活躍!素晴らしい!

そして今回の総合優勝は
男子 中村翔一さん
女子 守時美香さん
でした!

前年度優勝者の柴垣正義くんですが、スピードスラローム途中で負傷していた足の調子が悪くなり、途中棄権。
またしっかり治して素晴らしい滑りを見せてもらいたいと思います

今年から6位入賞まで表彰を行うことになったようで、表彰式が賑やかになりましたよ。種目が増えてメダルもめちゃ多くて多少スタッフ混乱・・wwメダルのデザインも今年から変更!ちゃんとスケート靴の絵が入ってる!(欲しい!無理だけど!)

という楽しい(?)表彰式も無事に終わり、みんなでお片付け、お掃除。
来年からはみんな一枚ずつ雑巾を鞄に忍ばせておくといいかもね!!
私も気を付けよう・・。

画像



そして2018年国内大会は終了です。この大会を経て世界選手権への選考が行われて派遣選手が決まります。
こうやって運営してる側、競技してる側が真剣に取り組んで少しずつ形になってきた感がありました。こうやって我々も努力を続け、頑張ってる選手の期待を裏切らないようにしたいなと感じました。

この記事へのコメント

naoemon
2018年05月09日 09:13
オーママ!笑
MCの大役お疲れ様でしたm(_ _)m
ヒロリンさんのMCのおかげで、レイナもいつもより緊張が和らいだって言ってました。
今年のヒロリンさんのプログラム、全日本でも見たかったし、あの衣装で写真もまた撮りたかったけど笑笑 また、みなもりとかでのヒロリンさんの滑り、エプロン隊とかも楽しみにしてます♪♪
また、よろしくお願いします( *ˊᵕˋ)ノ
ヒロリン
2018年05月09日 10:06
>naoemonさん
MCお褒め頂きありがとうございます~。オーママ、今回はトークで頑張りましたよ!あの衣装じゃないんだ、とガッカリされましたが
いや、でも出なくて良かったと心から思ったよ。みんなのレベルとか、戦いっぷりが凄かった。
ジャッジ席側からは選手の表情がよく分かるので怖いジャッジの人の横で何とか緊張をほぐしてもらおうとw
でも返って緊張してしまう人もいるから難しいよね~。
ALIVEママ達もお疲れ様でした。みなさんとゆっくりお話しする時間が無かったからまたみなもりでね!