ひとりごと日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 先日のラウンドワンにて

<<   作成日時 : 2015/09/17 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日ラウンドワンにて、だれーもいないスケートひろばで滑っていた時

リンク際から興味深そうに見てた男女カップルに声をかけて見た。
女の子が
「すごいですねーどうしてそんな滑れるんですかー?」
若かったら3か月ぐらいで私ぐらいまで滑れるよ、と言って見ると
「えー、それでも3か月ぐらいかかるんだ・・・」
いやいや、1か月でも出来る人もいるけど・・・・

てか、恐らく1か月で出来るよ、と言ったところで同じ返事が返って来ただろうと思われる。
今の子って結果がすぐ出ないと飽きちゃうんだろうなあ・・確かにスケートってさくっと出来るスポーツじゃないかもね。でも出来ちゃってたらそれでもすぐ飽きちゃっていなくなる人いるよね〜。

結局そのカップルは滑ること無くスカッシュへ。

===============

また別の女子4名が興味深そうにリンク際からのぞいていたので手招きしてスケート履かせてみた。
一人はスキーのオフトレでやってる、というので格段にうまかった。バックまで教えた。
一人はスケート出来るというので問題ないと思いきや、スラロームを教えた段階で脱落wでもオープンターンとか一生懸命練習してた。
あとの二人は全くの初心者。ある程度の手ほどきしてあとは個別対応。
一人は実はそこそこ出来るのに性格なのか?かなり真面目に滑るので見てるこっちも肩に力が入る。
一人はゆるゆる系なので歩く→少しずつ体重の乗せ方わかる→片足に体重を乗せる時間が増える→無事に楽しく滑るレベルまで達する。

4人でもこんなに差があるんだからまとめて教えるって本当に大変だなあと思いました。

===============

別の女子団体。スケート靴履いて入ってくる。が、ラウンドワン係員から「プロテクターして滑ってください」と指導されるも無視してガンガンスピードあげて滑る女子一名。
「そんなんせんでも私滑れるし!かっこわるいし!」というスタンスでしょうかねえ。

そういう人は怪我しても人のせいにしちゃうんでしょうねぇ。
その時間になると人も多かったのでホントハラハラしました。

アイススケートのリンクではプロテクターって問われないから、認識が低いと思います。てか、実際ちょっと滑れるとプロテクターって外しちゃうよね?でもラウンドワンではルールなのでね。上手くても装着してスケート=チャラいレクレーションスポーツって思われないようにしたいですね。
私はヘタクソなので毎回フルプロテクターで命の危険から自分を守りますw

===============

と、毎回ラウンドワンでは新しい出会いが待ってます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>>今の子って結果がすぐ出ないと飽きちゃうんだろうなあ
>>そういう人は怪我しても人のせいにしちゃうんでしょうねぇ。
どちらも今の若者は割とそうですよねぇ。
プロテクターに関してはどこの滑走場でも年齢問わず問題ありますよね。
しかもあまり上手じゃない人の方がプロテクターをつけたがらなかったり・・・(^_^;
SAMU家Jun
2015/09/17 11:46
にゃほママ>
秋のイベントその1がやっと終わりましたw
オリンピック競技候補としてものすごく注目を浴びていますが、まずはガチで頑張ってる我々は「やらない人々」からナナメの目で見られないようにプロテクターとかはしっかりしておきたいなあと思う今日この頃です。
若者レクレーションスポーツという定義からは抜け出したいなあと思ってますけどラウンドワンがあんな感じだといつまでも遊びの枠は超えないでしょうねえ。
ヒロリン
2015/09/25 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
先日のラウンドワンにて ひとりごと日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる